スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブレター

私が高校生だった頃、、、携帯なんてありません。ポケベルすらありません。

実際に会う以外の連絡の手段は、家の電話か手紙でした。。。


高校時代の彼女はヤキモチでしたがマメな子でした。

校内にいる時は頻繁に手紙(長いものではくメモ程度が多かった)を渡してきました。

私は面倒なのと、男が女に手紙を渡すなんて恥ずかしく思えてできませんでした。

だから、会ったときや電話で返事をします。


高校生の時でも色んな子と付き合うチャンスはあったように思えます。

でも、彼女以外に興味無かったんですね。

今から思うと勿体ないような気もします(笑)


過去の記事にも→ 「484日目 賞味期限切れ」 「360日目 お付き合いって?

どこの誰だかわからない子から電話があったりラブレターもらったり。。。



で、一人思い出したんです。ラブレターくれた子のこと。

何故思い出したかというと、、、

最近隣人に不幸がありまして、過去の自分の家の香典帳を調べていたんです。

もう20年以上前のものですが、その女の子が記帳していたのを発見しました。

女の子のことをZさんとします。


Zさんは後輩でしたが、部活動が一緒でした。

外見はちょっとイケてないというか・・・まぁブサイクなんです。

性格的にもちょっと変わった感じの子で、典型的な馬鹿にされるタイプだったと思います。

ですが、私は先輩として教える立場だったので、他の子と同じように接していました。

この頃本当に彼女一筋だったので、どんなに可愛くても他の女の子への興味は全くありませんでした。



で、Zさん。私が高校卒業した時にラブレターをくれたのです。

彼女がいることも承知してましたので、付き合いたいとかいう内容ではありませんでした。

ただ「好きです」という自分の気持ちを伝えてきました。

覚えてるのはあまり綺麗な字では無かったのと、修正液でいっぱい修正されてたこと・・・。


記憶ではこちらから返事はしなかったと思います。

それと、当時の彼女にも他の誰にもこのことは話していません。

このブログが初公開です。



その翌年?、私の身内の不幸では葬儀に参列してくれてたんです。

ありがとうの一言も言えてないが悔やまれます。

私は礼儀知らずだったり恩知らずなことばかりしてきたような気がします。


ラブレターの件でZさんに何かを返すことはできませんが、

私は何か、、、周りが見えてないんだと思います。大切なことも無頓着に過ごしてしまってる。

結婚が遅れたのも、これが原因の一つなんだと思います。



その後のZさん。たしか20歳くらいで結婚しました。

初めての彼氏だったと思いますが、誰よりも早い電撃婚でした。


スポンサーサイト

遅すぎる危機感

前回の記事(→こちら)では、初めて女性を意識したというか・・・

よくわからないけど、気持ちを伝えたかったんだと思う。

でも、何をしたら良いかわからない。付き合うって何だ?状態でした。


その後。高校時代にできた彼女は、とてもとても積極的な女の子。

何をするにしてもリードしてくれました。

彼女からいろいろと教わりました。

高校生ながら将来のこともよく二人で話していました。

結婚は当然のように。

お互い可愛かったです。


恋愛については、以前書いた記事でまとめてあります。→ これまでの恋愛



学生の頃からお付き合いしてくれる女性はいましたし、

女性に対してはまったく抵抗はありませんでした。

社会人になっても、、、

同僚男性達に飲みに誘われても、女性社員を誘って食事にいく方を優先していましたし、

ゴルフに誘われても、女性とドライブしてた方が楽しかったし、そうしてました。

決してモテてた訳でなく、女性から警戒されてなかったのです。

彼女と別れても次が・・・30代前半までは周りに独身女性は結構いました。


友人達は皆、恋愛結婚です。

私も当然、恋愛から結婚に繋がると思ってました。

今までの調子で 「どうにかなるだろう」 と変な自信がありました。

35歳くらいの時に失恋し、一度だけ結婚相談所のホームページを見ました。

たしか、サンマリエだったと思います。

それでも見るだけで、相談所に頼らなくても何とかなると踏んでました・・・。



過去の経験に縛られて、何もしなかった。

時が経つのはあっと言う間。

崖っぷちの40歳になり、いよいよ婚活市場へ。


『若かった頃とは勝手が違うんですね』


その言葉どおり、周りの人からの認識は「ただのオッサン」なんですね。



「どうにもならないかも」 と、婚活を始めてから危機感が湧きました。





ハツコイ?

披露宴で生い立ちムービーを映し出します。

そんな訳で、写真を探しながら昔のことを思い出していました・・・。


以前、ブログで『告白したことが無い』って書いていましたが、

ありました(笑)



それは、中学3年の受験勉強真っ最中の季節。秋か?冬か?

男友達に『bookanは誰か好きなんだ?』と問いただされ、

気になる程度の女の子の名前を言いました。

クラスメイトのそんなに目立たない女の子。


言ってしまったからなのか、毎日気にするようになり・・・

ぼんやりして勉強も疎かになってきた。

気持ちが高ぶり、とうとう女の子に電話をかけちゃいました。


電話で何を告げたかは覚えてません。

『好き』とか『付き合って』とか言ったかどうかは記憶にない。

彼女からの返事は、「受験が終わったら一緒に遊びに行きたい」という感じだった。


受験は終了して、同じ高校に進学。


中学生でしたから、

どこに言ったら良いか、何をしたら良いか、わからないので何も進展せず。

何もせぬまま高校2年生になり、私は別の子と付き合うことになってしまう。

結局彼女とは一言も喋らず高校を卒業してしまった・・・。

ほろ苦い思い出。




さて、昔の彼女との写真。。。どうしようか。。。




汚れています

仕事帰り。いや、パーティーの帰りだったかな。。。

夜道をトボトボ歩いていると・・・

学生服を着た高校生カップルが手を繋いで歩いていました。

こんな夜遅くに・・・って思いながらも、懐かしくもありました。



高校時代に付き合ってた彼女。卒業後数年で別れてしまいました。(→A子

当時、携帯やパソコンはありません。ポケベルすらありませんでした。

毎日、一緒に下校することが二人の時間で、

彼女の家までものすごーく遠回りして、手を繋いで歩いて帰っていました。

そして夜寝る前、決まった時間(事前に約束しています)に電話します。

深夜に家の電話を使うので、家族に気付かれないようにコール1回で取ります。

時々長電話なんかしてしまって、電話代の請求でよく親に叱られました。


歩いているときや電話での会話。大した内容じゃなかったと思います。

お互い「好きだ」という気持ちを伝えて、それだけだった気がします。


よく彼女の家にお邪魔して、夕飯をご馳走になっていると、

将来の夢は「私と結婚すること」だと、彼女は当然のように家族に宣言してました。

私もそうなると思ってました。


結婚というものがどういうものかと全くわかっていませんでしたが、

穢れの無い、本当に純粋な気持ちでした。

自分の都合ばかり考えている今とは大違い。

汚れています。

大人になってしまったのだから、、、現実を知ってしまったから、、、仕方ない。



別れてから10年後くらいにA子を街で見かけました。

間違いないと思いますが、体がかつての5倍くらいになってました。

お相撲さん体型は大の苦手の私ですが、

彼女の場合は嫌な感じはしませんでした。


未婚、その原因。

この歳になるまで何故未婚なのか?

自己分析すれば原因は沢山あります。

その原因の一つに過去の大失恋があります。

以前、番外で書いたB子のことです。→これまでの恋愛



B子と別れた後、他の女性と出会いもあり、お付き合いもしました。

毎日考えてる訳ではありませんが、B子のことはいつも心の中にいました。

再会するまでの十数年、『復縁できたらいいな』と、淡い気持ちとそれを否定する自分がいました。

結局、思い続けていたんですね。


今でも大好きです。

ブログにこんなこと書いちゃってますが、生涯思い続けるかもしれません。

この思いは墓場まで持っていきます。


再会して、既に結婚していた事実もあり、呪縛がとけて婚活を始めた訳ですが…。

再会→婚活に至るまで、一年近くかかりました。

色々とあり、お互い不幸にならないように、、吹っ切りました。


婚活を始めるきっかけの一つになりましたが、

それまでの恋愛や婚活に消極的だった大きな原因でした。


プロフィール

bookan

Author:bookan
40歳にして婚活本気モード!
自身を奮い立たせるためにブログ始めました。
成婚して現在は新婚生活中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。